こなみかん

同人サークル『こなみかん』のブログ

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    11eyes -罪と罰と贖いの少女-

    と言うことで、今日の更新の前に軽くレビューです。

    まず、評価から。


    シナリオ   :★★★◆☆ 75点 
    グラフィック :★★★☆☆  73点
    音楽     :★★★★☆  85点
    システム   :★★★◆☆  80点
    総合     :★★★◆☆  77点

    まずシナリオから。

    やや厨二チックな感じがあるが、さほど気にならない。

    戦闘シーンは熱くなれる。

    全体的なシナリオも良く、私の好きな感じだった。

    ただ、ハッピーエンドで締めるためか、最後がやや不満な展開。

    やはり平行世界の扱いは難しいのか。

    それと謎が多く残っている気がする。

    主人公の死に方には好感を持てた。(死ぬのが楽しくなって(ry

    次にグラフィック。

    まあまあな感じ。

    たまにいい絵もあれば、ちょっと頂けない絵もある。

    しかし、キャラの「動き」は非常にできが良いと思う。

    個人的には美鈴先輩の立ち絵はNGだが、イベント絵はよい。

    あともう少し血の書き方を凝って欲しかった。

    刀のイメージはなんとなくよかったと思う。

    次に音楽。

    これはなかなか良い。

    OPは本当によかったと思う。

    久しぶりに感動した曲だ。

    シナリオにもあっていて、とにかく「格好いい」が第一印象。

    OPだけでは無くBGMも数個きき惚れるものがあった。

    が、バトルものならもう少しBGMを凝って良いのでは?とも思った。

    システム面ではこのゲームの特徴ともいえる「クロスビジョンモード」がある。

    これは主人公以外の視点で描くサイドストーリー的なものだ。

    機能自体はfengの「あかね色に染まる坂」で似たような機能があった。

    が、こちらは物語の核心をより理解できるものにするためのものという感じで

    とても重要になっている。

    それと異様に共通√が長い。

    8~9割が共通だろう。

    共通が長いので個別は薄く、ほとんどHシーンが目的となっている。

    個人的にはHなしの方がいい作品になると思う。
    (うたわれとかと同種)

    クロスビジョンモードを駆使すればall共通でもいけたかもしれない。

    それに戦略SLG要素があれば個人的には最高だw

    総合的にはかなり纏まった良い作品だったと思う。

    ただ、あまり評価が伸びないのは打ち込めるキャラがいなかったからだろう。

    どのキャラもそこまで好きなタイプじゃ無かった。

    しかし、しかしですよ。

    最後の最後で菊理神にやられた。

    青丘のののか先輩風味を醸す小悪魔系なキャラだった。

    反則じゃね?

    逆にゆかは苦手なキャラだった……。

    青丘の春菜以上のぞっっこんキャラ。

    終いにはやんで(ry

    最後に好きなキャラ順は

    菊理>>>>>>栞=リゼット>>香央里>=美鈴>>雪子>>>>>>うゆ(ゆか)

    そしてデモムービー貼っときます。

    OPは歌だけでも聴く価値あると思います。

    | アニメ・ゲーム | 22:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    ゲームより100点満点にもかかわらず1点単位評価を付けることができるトットロ氏が神。

    | てひる | 2008/11/07 00:26 | URL | ≫ EDIT

    逆に聞くが100点になる作品ってどんなのだ?

    | Kazu.M | 2008/11/07 09:28 | URL | ≫ EDIT















    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://mikunijima.blog18.fc2.com/tb.php/151-1a9ef294

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT