こなみかん

同人サークル『こなみかん』のブログ

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    いろいろ。いや、ほんといろいろ

    更新内容にむらがありすぎる更新です。


    まずはこの前秋葉原にラノベ買いにいった時のはなし。

    買い物も終わり、秋葉原からの帰路の途中だった。
    7時も回り、辺りは空は暗くよどんでいた。
    人通りの多い表通りを避け裏通りにはいると、なにやら声が聞こえてきた。
    マイクで発せられたと思われるその声に俺は甘い香りに釣られる虫のように近づいた。
    この薄暗い路地で何をしているのか気になったのだろう。
    そのまま歩くと正面に人の一団が見えてきた。
    大概の人は黒いコートを纏い、冬の到来を感じさせるものだった。
    遠目ではなにをしているのかはわからないが、暗闇にまみれたビルの狭間で多くの人が蠢いていた。
    司会と思われる若い女の人の声がスピーカーごしに聞こえたが、集まった人の放つ喧噪にかき消され何を言っているのかはわからない。
    結局なんのイベントかを判断する有力な情報は無かった。
    イベントの内容は気になったが、あまり人混みは好かないので引き返そうと踵とかえすと――
    「パーン!」
    クラッカーの乾いた音がビル狭間を駆ける。
    驚いて振り返るとそこはもはや別世界だった。
    あれほど暗くじめじめした空間が光で満ちあふれている。
    青白く輝く無数の光はお互いに共鳴しあい、まるで鳥のさえずりのように人々を包み込む。
    一瞬のどよめきのあと、大きな拍手が波となって押し寄せる。
    人々の顔は歓喜に溢れ、輝きの一部としてその空間に調和していた。
    人々は光輝く希望へ向いて、その顔は明るく照らされていた。

    そう、クリスマスももう近いのだ。

    1.png

    何のことはない、イルミネーションの点灯式に出会した話。


    それからどうでもいいもの

    2.png

    ぽれぽれと言えばfengのマスコット的キャラクター
    いったいどんなお祭りなのか!?(普通のお祭りです)


    それから不在で受け取れなかったラノベ達が昨日届きました!
    総勢24冊。
    まとめがいとしては自己最高冊数となりました。
    3.png

    なんとインデックス1-19で1冊だけ大阪発送ということでまだ届いてません。
    さて何巻でしょう?

    買ったんだから読まないとね。。。

    | 雑記 | 03:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT















    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://mikunijima.blog18.fc2.com/tb.php/331-e99e32d6

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT